エンジニア未経験

【未経験でも大丈夫】Webエンジニアになるためには

2020-02-16

【未経験でも大丈夫】Webエンジニアになるためには

Webエンジニアに未経験からでもなることはできます。実際に学生時代にプログラミングをしていた人は少数です。

ほとんどの場合は社会人になってから、自分で学んだという人が多く、誰かに教えてもらうというよりも、自分で学ぶという気持ちが重要になります。

この記事では、Webエンジニアになる方法について解説していきます。

Webエンジニアになる方法

Webエンジニアになる方法

エンジニアになるためのステップは、以下になります。

エンジニアになるためのステップ

  1. Macを買う
  2. プログラミングの勉強
  3. ポートフォリオ(作品)をつくる

プログラミングの学習や、ポートフォリオづくりの期間は、3ヶ月程度(300時間)を目安にした方が良いかと思います。勉強を1ヶ月、ポートフォリオ作りに2ヶ月のイメージになります。

準備を十分にすることは良いことなのですが、あまりに長い時間をかけてしまうと、就職での面接で学習速度が遅いと思われてしまう恐れがあるので注意が必要です。人によって費やせる時間にも差があるかと思いますが、短期間集中で頑張れば、3ヶ月でエンジニアになることができます。

Macを買う

Macを買う

まずプログラミングを始めるためには、あたりまえですがパソコンが必要になります。Windowsよりも少し価格は高いですが、Macを買うことをおすすめします。

Web系企業では、Macでの開発が一般的です。

これから勉強している中でトラブルが起きたときに、ネット上でもMacでの情報が多いため解決しやすいです。

またMacは10万円くらいするので、すぐには買えないという場合もあるかと思います。その場合は、モッピーというポイントサイトを利用することで、購入資金を稼ぐことができるのでオススメです。

モッピーをはじめる

モッピー(moppy)のポイントサイトで稼ぐ方法

自分への将来の投資や資産運用をしたい場合には、まとまったお金が必要になります。 そこで今回、誰でも手軽に資金を稼げる方法 ...

続きを見る

プログラミングの勉強

プログラミング言語の選定

まず最初にどのプログラミング言語から勉強を始めるかですが、スマホアプリの開発や機械学習といったこだわりがない場合は、言語にRubyを選択することをおすすめします。

Rubyは国産のプログラミング言語で、他言語と比べて、日本語の情報量が圧倒的に多いです。

またWebシステムをつくるにあたってもRuby on Railsを使用することで、規約に沿って開発を進めれば良いため、余計なことを考えずスムーズに進めることができます。

またRubyを推奨する他の理由として、モダンな開発をしている会社が多いところにあります。

Ruby on Railsを使用する場合、テストコードを書くのが一般的です。これはプログラムの動作を自動でチェックするのですが、最近は必須スキルになっています。これは他の言語でも通用するスキルになりますので、テストコードを書く環境で働くことはエンジニアとして早い成長が見込めます。

いっぽうRuby以外の言語の場合、言語の情報だけでは、開発手法が現代的かどうかを判断することは難しいです。Ruby on Railsを選択することで、就職先選びのリスクを減らすことができます。

Rubyがおすすめの理由

  • 日本語での情報が多い
  • Ruby on Railsはチュートリアルがしっかりしていて、Webの仕組みも勉強できる
  • モダンな手法で開発をしている企業である可能性が高く、他でも通用するスキルを身に付けられる可能性が高い

Ruby on RailsでWebサービスを作るのに必要な知識

ここで必要となるための知識は以下になります。これらを学ぶことで自分自身で小さなサービスを作ることができるようになります。

必要な知識

  • Ruby on Rails
  • SQL
  • html
  • css
  • javascript
  • git
【独学で効率良く学ぼう】Ruby on Railsの勉強法

私自身が Ruby on Railsを勉強した経験や、新人教育をした経験から、とても役に立った教材をまとめまし ...

続きを見る

【初心者必見】最初に学ぶべきプログラミング言語はRubyがおすすめ!

最初に学ぶ言語にRubyをおすすめします。 Rubyは短期間に満遍なく、他の言語でも通用する知識を身に付けることができる ...

続きを見る

ポートフォリオ(作品)をつくる

エンジニアとして転職をするには、実務未経験であって自分自身の作品を作っておく必要があります。

会社側としても実務経験がない場合、書類だけではスキルが分からないので、実際に動く画面を見せないと採用に至りにくいというのが正直なところです。

一般的なサービスにある、下記の機能くらいは実装できるスキルは必要になるかと思うので、作れるようになっておく必要があります。(見た目は完璧を求めすぎず、バランスよく表示されている程度で良いしょう。)

作成しておきたい機能

  • ユーザ登録、ログイン、ログアウト
  • 検索機能

Railsチュートリアルでは、基本的にGem(ライブラリー)をあまり使っていないが、仕事では使いこなせることも求められます。そのためGemも使用した上でポートフォリオを作成した方が良いです。

GitHubでリポジトリを確認した上で、更新が続いているかつスターが多いものを使用するようにしましょう。

下記はとても便利なGemで広く使われているものなので、ポートフォリオでも積極的に使っていきましょう。

便利なGem

  • Devise
  • Ransack
  • Rspec
  • FactoryBot
Webエンジニア職のはじめての探し方
Webエンジニア職のはじめての探し方

エンジニア職の探し方 エンジニアはキャリアによって、仕事の探し方は様々になります。転職サイトや、知人の紹介、フリーランス ...

続きを見る

-エンジニア未経験

Copyright© てくてくライフ , 2020 All Rights Reserved.