携帯・ネット

【本当にお得なのか?】格安SIMにしない理由

2020-02-18

【本当にお得なのか?】格安SIMにしない理由

私はずっとdocomoを使用しており、格安SIMを使用していません。

巷では格安SIMは安いと言われていて、もちろん検討しましたが、自分のケースに当てはめると、安くはならなかったという話です。

前提条件

  • データ通信は多い(自分の場合は20GB/月くらい使用する)
  • 電話は短時間

あくまで私のケースでのことなので、格安SIMの方がお得な場合もあります。

格安SIMのコスト

格安SIMで最もシェアのある「楽天モバイル」の場合で見てみます。

プランSの2GBのプランで1,480円/月となっていますが、1年目のみです。2年目以降の料金のほうで比較します。

楽天モバイル月額料金

毎月の容量を超えても最大1Gbpsとありますが、注釈が付いています。混み合う時間は通信制限がかかるので注意が必要です。

※2 通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します

楽天モバイルとdocomoの料金比較

docomoのプランには、「ギガホ」と「ギガホライト」があります。

私は毎月20GBを使用したいので「ギガホ」を選ぶことになります。こちらも1年目のみの割引があるため、2年目以降の料金で比較します。

楽天モバイルとdocomoの比較

docomoのギガホを、楽天モバイルの24GB(プランLL)と比較した場合、通話オプションを付けなければ同じ料金になりますが、少しでも通話をすると高くなります。

しかし私の場合は後述する割引によって、格安SIM(楽天モバイル)よりも安い料金で、docomoを使っています。

docomoの料金は割引がある

docomoユーザーは、家族もdocomoを使用している場合や、docomo光を契約している場合には割引があります。

現在、契約可能なギガホとギガホライトは、最大で毎月3,000円の割引があります。

最大割引後のdocomoの金額

  • ギガホ(30GB)が、4,980円/月
  • 通話無制限を付けると、6,680円/月

私の場合、ファミリー割引(3回線以上)とdocomo光の割引を受けています。合計2,000円の割引が適用されて、4,980円/月で使用しています。

楽天モバイルのプランLLが6,980円/月なので、それよりも安くなりました。

続いて、どのような割引があるか紹介します。

家族もdocomoを使用

家族もdocomoを使っている場合には、500〜1,000円/月の割引が、ファミリー割引グループのすべての回線に適用されます。

ファミリー割引グループ内の回線数

  • 2回線:500円/月
  • 3回線以上:1,000円/月

ドコモ光を契約

自宅のインターネット回線をドコモ光にした場合、携帯の契約プランによっては最大1,000円/月の割引があります。この割引もファミリー割引グループのすべての回線に適用されます。

ドコモ光を提供しているプロバイダはいくつかありますが、GMOとくとくBB がおすすめです。

GMOとくとくBBがおすすめの理由

  • V6プラスを利用した高速なインターネット
  • 高性能な無線LANルータの無料レンタル

まとめ

私はdocomoのファミリー割引とドコモ光セット割を使用することによって、格安SIMを使うよりも安く携帯電話を使用することができています。オプションサービスは見直して、不要なものには加入しないように気を付けています。

利用料金が高額という場合は、携帯電話を買ったときに加入したオプションに入ったままというケースもあるので、いま一度不要なオプションに入っていないか確認することをオススメします。

【格安SIM】安くなる人はどういう人?
【格安SIM】安くなる人はどういう人?

最近は格安SIMは安いと聞きますが、どういう人が向いているのでしょうか。 これまでの大手キャリア(docomo, au, ...

続きを見る

【持っているだけでお得】docomoユーザは持たないと損!
dカード GOLDでドコモ利用者はポイントとケータイ補償でおすすめ!

dカード GOLDは、ポイント還元や携帯補償などサービスが充実しています。 私自身もdカード GOLDを保有しており、年 ...

続きを見る

-携帯・ネット

Copyright© てくてくライフ , 2020 All Rights Reserved.